2008年08月20日

井上洋治『キリスト教がよくわかる本』

「キリスト教がこの一冊でよくわかる、というような本」(まえがき)をという要望を受けて書いたとあるが、到底その任を果たしていない。
キリスト教の信仰に関して言うと、キリスト教徒が共同で信ずべきものとして伝えてきた信仰箇条があり、例えば三派が共通して信仰の基準と見なしている「二ケア・コンスタンチノープル信条」に集約されている。こうした信条(クレド)を元にして公的な信仰内容を説明し、その上で必要なら私的意見をそうことわって書くなら問題ないだろう。しかるに井上は「できるだけ私個人の考えを述べるのをひかえて、客観的にキリスト教というものを示そうとした」(同上)と豪語するすぐそばから「やはり私の考え方が、いたるところににじみでてしまっている」(同上)とあらかじめ言い訳めいたことを平気で言う。
「まえがき」から前途多難だが、中身は予想通り、客観的なキリスト教などではぜんぜんなくて、単に井上が個人的に信じたいキリスト教像が描かれているだけである。
まず、井上は信仰内容をいちいち矮小化している。「創造」について、「神さまが天地を創造したというのは、天地自然は、一瞬一瞬神さまの力にささえられて存在しているということ」(p.111)だと記述している。まったくの間違いとは言えないが、これでは肝心要の「神の全能性」「無からの創造」が説明されていない。「聖霊」は「神さまの慈愛の息吹」(p.114)とされ、なぜか芭蕉や西行を持ち出して、「私たち(註・日本人)が「大自然の生命の風」としてとらえた風を、キリスト教では「聖霊」と呼んでいるのだと言ってもよい」(p.117)と説く。言ってもよいかも知れないが、これでは聖霊の神性(非被造性)がまったく分からない。いちおう三一性についての解説もあるが、「三つの存在様態において自己を示される」(p.119)という、よくあるサベリウス的理解(様態論的モナルキア主義)に傾いており、正確ではない(「「父」と「子」と「聖霊」は神の存在の様式を示す単なる呼称では」ない(CCC 254))。
キリスト論に至っては矮小化どころではなく、まったくの歪曲である。キリストの復活の客観的事実性はきっぱり否定されている(井上は同様の調子で「処女懐胎」(p.34)、「奇跡」(p.101)、「死者の復活」(p.205)の客観的事実性も否定している)。

「イエスが復活したということは、墓からでてきて弟子たちと一緒にこの三次元の世界を歩きまわったというようなことではさらさらなくて、神の御手に、永遠の生命に復活した、よみがえったということなのです」(p.66)

キリストの復活の客観的事実性がキリスト教の信仰箇条であることは、いちいち言うまでもない(例えばCCC 639-646を見よ)。復活の客観的事実性の否定自体も問題だが、その私的見解の立証のために、とんでもなく無理気味の聖書読解をしていることに、非常な知的不誠実を感じる。

「いま『ルカによる福音書』の表現を追ってみましょう。弟子たちが食事をしているところに復活したイエスがあらわれたとき、弟子たちは恐れおののいて亡霊を見ているのだと思った、と記されています。何故弟子たちは恐れおののいて亡霊を見ているのだと思った、と記されています。何故弟子たちはそんなに恐怖にふるえあがったのでしょうか」(p.67)

この疑問に対する井上洋治先生の解答がすこぶるふるっている。

「弟子たちはイエスの怨霊があらわれたのだと思ったのではないでしょうか。
「私たちは先生一人を見殺しになぞ決していたしません、一緒に死にます」などと言っていた弟子たちは、いざとなると命が惜しくて完全に師イエスを見殺しにしてしまいました。イエスが十字架を背負って倒れたときも、ただ何処からか見ているだけで手伝いにはでていきませんでした。そのうち謝る間もなく、イエスは十字架上で、苦悩と孤独と屈辱の死をとげてしまったのでした。さぞかし先生は我々のことを怨みながら死んでいかれたにちがいない、そのような意識にさいなまれて、弟子たちは嫌悪と恐怖の時間をすごしていたにちがいないのです。弟子たちは当然それなりの天罰を受けることを覚悟していたでしょう。
ところが、この物語の表現によれば、そこにあらわれた師イエスは弟子たちを罰したり怨んだりせず、魚をとって一緒に食事をしたというのです。これは弟子たちを裁かずにゆるしているということです」(p.67)

ここから井上は「裏切った私たちをゆるし、今も生前と同じように私たちを同伴者として大切にしていてくださるのだ――これが弟子たちの復活体験の核をなす」(p.68)と断言する。
井上によれば「宗教の世界における真実は」「主体的真実を求める」(同上)ものだそうな。それにしてもなんとも胡乱な「主体的真実」であることか。そもそも、井上の記述する弟子たちの心理なるものは全くの憶測でしかない。ルカ伝該当箇所を引こう(フランシスコ会訳)。

「二人が、こう話していると、イエズスご自身が皆のまん中に立ち、「あなたたちに平安があるように」と仰せになった。弟子たちは驚きおののいて、幽霊を見ているのだと思った。「なぜおびえているのか。どうして心に疑いを抱くのか。わたしの手や足を見なさい。まさしく私自身である。手を触れて確かめなさい。幽霊には肉も骨もないが、あなたたちが見ているように、わたしにはそれがある」。こう言って、イエズスは手と足をお見せになった。弟子たちは喜びのあまり、まだ信じられず、不思議に思っていると、イエズスは、「ここに何か食べる物があるか」と仰せになった。それで焼いた魚の一切れをさしあげると、イエズスはそれを受け取って、皆の前で召し上がった」(ルカ24:36-43)

実際に聖書のこの箇所を読んだ者であれば十中八九「事実として信じるか信じないかはともかく、井上のようには解釈できない」と思うだろう。というのもここでイエスは、弟子の裏切りをゆるしているのではなく、まさに物理的な「復活」を信じないことをとがめているのだからである。マルコ伝にも「その後、イエズスは彼ら十一人が食卓についているところに現われ、その不信仰とかたくなな心とをおとがめになった。復活したイエズスを見た人々の言うことを、信じなかったからである」(マルコ16:14)とある。弟子たちが幽霊を見たと思ったのは、それを「怨霊」(!)と考えたからではなく、イエスの物理的な復活が信じられなかったからだ。それゆえ、明らかにキリスト教信仰の「復活体験の核」は「カメラの写真にそのままうつるかのような」(p.68)復活の客観的な事実性にある。井上はそれを否定するだけでなく、聖書の記述を我流に解釈してそうするのだから始末が悪いというしかない。
おそらくこの本の根本的欠陥は、人類の罪の贖いとしての十字架上の死というキリスト教の中心思想を明確に述べてないことだろう。たしかに井上も原罪の解説の中で「破壊された平和と連帯の美をお互いの間に再建したのがイエスであり、その十字架の死なのだとパウロはその手紙の中で述べています」(p.145)と、この中心思想に軽く触れてはいるが、まさしく軽く触れているだけなので、不案内な読者なら単にパウロの個人的見解と受け取ってさっさと通り過ぎてしまうだろう。
しかしながら、この「キリストの受難による贖い」という教えが説明されていなければ、受肉の意味も復活の意味も、救いの経綸の中でのそれらの連関も、さっぱり分からなくなる。この本を読んでも、キリスト教は漠然と「隣人愛」を説いた宗教だとしか理解できまい。あるいは「「裁き」ではなく「許し」を」、といった平板極まりない心理カウンセリング本にでもありそうなスローガンしか出てこない。しかし、そうしたものはせいぜい「井上教」とは言えても、決して「キリスト教」ではない。まったく、「できるだけ私個人の考えを述べるのをひかえて、客観的にキリスト教というものを示そうとした」(まえがき)という言葉が泣いている。
余談になるが、「エホバの証人」を正統キリスト教ではないとするのは良しとして、輸血を拒否して死ぬことを個人の信念であり自殺ではないなどとまで述べている(p.190)のは完全に余計である。本の主旨を逸脱している。また、「無教会主義」をご熱心に説明(pp.187-189)する一方、肝心の「教会」についての説明はこれぽちもない。どう考えてもバランスを失している。
そういう次第で、これは「キリスト教がよくわかる本」ではない。むしろ「キリスト教がよくわからなくなる本」と改名すべきである。

(文責・金田一輝)



posted by kanedaitsuki at 12:00| Comment(9) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。