2008年08月27日

神学大全を日本語で読めるサイト

「存在論日記」の大黒学さんが、ネット上で『神学大全』の全訳を開始している。
http://theologia.jp/
最近まで気づかなかった不明を恥じる。
必要なのに誰もやらないことをするというのは大変なことで尊敬申し上げる。これを機会に研究者たちが、神学の古典の日本語訳をネット上にソースとして置いてくれると大変うれしい。

ところで『神学大全』、読みたいけれども、あんな大部の作品読み通すことなどできないとお思いの方は多いであろう。実はちょっとした裏ワザがあって、それはTimothy Mcdermott ed."SUMMA THEOLOGIAE"(Christian Classics)を読むことだ。これは異論―解答形式を解体して一連の文章のように通読できるものとして、『神学大全』を圧縮要約した本(およそ6分の1)。それでも600ページを超えるが、現物を読むよりはましだろう。
たまに一部分のみを拾い読みする人(私)がいるが、本来はご法度である。というのはアクィナス自身、「初心者がドツボにはまるのは、本が順序良く書かれてないから」と『神学大全』序文で述べている通り、最初から読まないとよく分からない仕組になっているからだ。もちろん、全体の構図が頭に入っていると、より細部を理解しやすくもなる。
通読したことのない私が言うのもなんだが、数ある哲学書の内で『神学大全』はとても読みやすい方だと思う。おそらく分からなさの多くは、キリスト教神学に対するなじみの薄さに原因がある。しかし、そういうとっつきの悪ささえクリアすれば、『形而上学』『純粋理性批判』『精神現象学』『存在と時間』といった難解哲学書よりは、はるかに分かりやすい。しかも哲学的に得るところも大なのだから、そういう方面に興味のある人が読まずにいるのはもったいないことなのだ。
もちろんカトリック教会の教えを包括的に学びたい方にとっても、最適な教科書である。古いから、と心配する必要はない。『神学大全』が呈示した思想は、今もカトリック教会の中に生きている。
そういうわけで、トマス・アクィナスを初めとする中世哲学をもっと身近なものに、と願う(願うだけ)私には、このWeb『神学大全』日本語訳は貴重な贈物なのであった。

(文責・金田一輝)



posted by kanedaitsuki at 10:00| Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。