2008年07月28日

カトリックのトリセツ:破門(excommunication)

破門(excommunication)

「破門」というと、カトリック教会の権威主義や組織主義といった悪い印象を増幅するマジックワードとして使われている。「A級戦犯」が比喩的にマイナス価値を表すために使用されているのと同じように、別の文脈で使われることも少なくない。むしろ、師匠が弟子を「破門」する、というような「縁を切る」意味での使い方が一般的であろう。
そうした巷間の通俗的な印象に引きずられてか、「破門」をあたかも教会からの「永久追放」であるかのように捉える者も少なくない。カトリック以外のキリスト教徒はもちろん、カトリック信徒内にもそういう誤解をしている人々がいる。
しかし、よくよく考えなければならないが、もし本当に「破門」が「永久追放」を意味するのであるならば、破門された人間は一人の例外もなく教会に復帰していてはならない。しかし、事実は違う。破門が撤回されたケースは歴史的に山ほどある。そうした事実を知っているにもかかわらず、なおこうした誤解をするのは何故なのか。あるいは、撤回されるケースは例外であるとでも思っているのだろうか。

とりあえず、標準的な教会法の教科書(James A.Coriden"An Introduction to Canon Law"Paulist1991年版)を引こう。

懲戒罰ないし譴責 名称が示唆するように、これらの罰は犯罪者を癒し、治療することが目的である(譴責という語(censure)は懲戒(reprimand)を意味する)。そのような罰には三つある。破門制裁、禁止制裁、停止制裁。破門の意味するところは、信徒の交わりからの部分的な排除である。それは教会から信徒を切り離すことではなく、制限された関係のことである。被破門者は秘跡の執行や受領を禁じられる。あるいは、すべての職務、奉仕職の行使を禁じられる(CIC 1331)。(中略)懲戒罰の目的は回心であるので、犯罪者が悔悛し、行われた傷害や躓きを改める意志がある場合は、譴責は解かれねばならない(CIC 1358)


Introduction to Canon Law,Paulist,1991,p177

ここで解説されている通り、破門によって信徒はほとんどの権利を喪失し、交わりから排除されもするが、にもかかわらず、破門は教会からの信徒の永久的な分離を意味しない。懲戒罰の一種であり、被破門者にとってはむしろ、教会との再度の一致のために下されている。
破門制裁における排除の範囲については、歴史的に変容しており、信徒の交わりからの完全で包括的な排除(いわゆる大破門)もあった(Summa Theologica Suppl.Q.21 A.1)。しかし、それとて「永久追放」ではない。悔悛によって交わりに復する可能性があったからだ。罰が重ければ重いほど、それを解除する権威者が制限されただけである。現行法でも最も重い懲戒罰は「聖座に留保された伴事的破門」(すなわち聖座以外には解除できない破門)である。
ここで注意しておくべきことは、犯罪者が悔悛すれば「譴責は解かれねばならない」ということである。指示されている教会法自体を引いておこう。

CIC 1358 (1)
懲戒罰の赦免は、第1347条第2項の規定に従って、命令不服従の態度を改めた犯罪者に対してのみ与えることができる。命令不服従の態度を改める者には、赦免を拒否することはできない

こうした規定があることから分かる通り、破門(懲戒罰)には常にあらかじめ赦免の可能性がセットされている。もし「永久追放」を意味するのであれば、こうした可能性は少なくとも法典からは排除してしかるべきであろう。しかるに実際には、被破門者のような犯罪者にも、一定のカトリック信徒としての権利が法的に留保されているわけである(これは市民法における犯罪者の権利の考えに類比できる)。
教会法は1917年の旧教会法典、1983年の新教会法典と、きわめてシステム化されてきており、それだけ裁治権者の恣意がまかり通る余地が減っている。もちろん現在でも法の具体的適用においては、解釈や運用における幅があることは言うまでもない。しかし、明文上も不文上も、法の適用において寛容の精神を旨としていることは、教会法を理解する上で忘れてはならない事実である。

さて、おまけとして、ラッチンガー(現教皇ベネディクト16世)の破門についての発言を引いておこう。
ラッチンガーはあるインタビューにおける「異端」の質問に答える形で、教会は共同体として、共通善である信仰を守るための社会的行動をとる必要(すなわち信徒に対する刑罰を課す必要)があるという主旨のことを説明したのち、以下のようにつけ加えている。

今日でさえ異端者に課せられている破門は、矯正のための刑罰として理解されるべきです。すなわち、その人を罰するのではなく、むしろ彼を正し、良くするための罰だということです。自らの誤謬を理解し認める人はいつでも教会との完全な交わりへと再び受け入れられます


The Ratzinger Report,Ignatius,1985,pp25-26

いつでも教会との完全な交わりに受け入れられるとされる「破門」が、果たして教会からの「永久追放」でありえようか? むしろ「破門」は間違いを犯した者に対する、教会へ再び戻って来て欲しいという愛を込めた叱責だと言えよう。

(文責・金田一輝)

*この項は本文改訂の可能性あり。

↓ちなみに下は改版の方です。




posted by kanedaitsuki at 12:00| Comment(11) | TrackBack(0) | カトリックのトリセツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金田さんの説明はanathema sitの語義的説明でしかありません。
つまり辞書的説明でしかなくanathema sitの語の適用されてきた生きたとらえ方ができていない。
(辞書を引けば済む程度の学校の勉強の域を出るものではありません。)
簡単に言うと解釈で終わっていて思想としてとらえる次元が金田さんには全く欠けている。

<「なおこうした誤解をするのは何故なのか。」

それは辞書的説明では意味内容を網羅できないからです。

何ひとつこの語の現実に作用してきたこの語にまつわる暴力の影に光を当てていません。

破門を肯定的にとらえるようでは読み手は身を引いてしまいます。

これでは「懲罰を捨てて、裁くことをしない」という第2バチカン公会議の光を理解することはほとんど無理でしょう。
anathema sitのたった2文字の言葉が、洗礼への障害となった重大な例があったからです。
その方の洗礼拒否の文である「最期の遺書」は、ヨハネ23世からパウロ6世へ渡され「諸宗教との対話」の論戦のための資料としてつかわされました。「諸宗教との対話」を成立させた重要な文章でした。この方は主の祈りをギリシャ語で唱えていた時に主キリストがおりてきて直接捉まえられた神秘経験を持っていた人ですが、トリエント公会議の教会に反発しか感じられずanathema sitのたった2文字の言葉が洗礼への障害となった人でした。ヨハネ23世はその家族に故人への称賛の手紙を送り聖人調査までした。パウロ6世は洗礼(実際は緊急洗礼を受けていたが)に問題があるので尊者を見送った。この方のヨハネ23世への影響力は大きくヨハネ23世がanathema sitをしない、教皇無謬の座で発言しないという公会議開会の決意になっているとさえいわれています。ヨハネ23世が公会議を開くきっかけとすらなったとも言われています。anathema sitは、それほど教会外の人にとってはカトリック教会の汚点のおそろしさを物語っていた語でした。anathema sitが洗礼拒否になった例でした。
Posted by pinpinkorori at 2008年07月29日 05:03
anathema sitとexcommunicationは厳密にみると同じではなく、anathema sitは破門のもっとも厳重なものの一形態です。
1983年の教会法からanathemaもanathema sitも削除されていますので、今あるのは破門のみです。
混同して語ることはできません。
破門を肯定的(?)に語ることはカトリック教会自身のしてきたことであるし、いまも語られている方法なので、それを金田さんのせいにすることはできません。
現に金田さんが引用されてきたのはラッツィンガー枢機卿時代の教皇様の言葉です。
文句があるなら教皇様におっしゃるべきでしょう。
Posted by angelic feline at 2008年07月29日 09:02
あほくさ。

破門を肯定的も何も、今でも破門は懲戒罰として存在し、教会によって執行されている。
罰自体がいかんというんですかね? あなたアナーキスト? どういう組織であれ、組織そのものを防衛するためにルールを持ち罰則を持つのは当然の社会的権利です。教会がそれを持ってなぜ悪い?

異端審問の話では「教会はひどい」と感情的な発言をする一方、ピオ10に対して教会はぬるいと御託を言う。支離滅裂ですな。
Posted by kanedaitsuki at 2008年07月29日 14:07
「組織そのものを防衛するためにルールを持ち罰則を持つのは当然の社会的権利です。教会がそれを持ってなぜ悪い?

こういうお粗末な考え方を徹底的に否定し反省したのが、第二バチカン公会議でした。

キリストは言う「裁くな裁かれんために。裁くために来たのではない慈しみを与えるために」
こういう福音をきいても教会法に偏愛している金田さんは、
「あほくさ。」でしょうね。金田さんの・・・状態では。
「耳あるものは聞け」でしょうかね。
Posted by pinpinkorori at 2008年07月29日 21:31
pinpinkororiさん、
第二バチカン公会議文書のどこにすべての罰則を否定する文言が書かれているのですか?

1983年の教会法は、まさに第二バチカン公会議を受けて改訂されたものです。
1311−1399条までは「教会における制裁」が規定されているんですけど?
改訂を命じたヨハネ・パウロ2世は、第二バチカン公会議の精神に反しているとでも?
Posted by angelic feline at 2008年07月29日 22:52
バチカン公会議に参加された澤田和夫神父の論文を読んでください。「バチカン公会議・・・」
「教会をキリストの花嫁である教会ととらえ返してもう組織として考えることはやめようという主旨」それがどの文書にあたるかはおぼえていません。出席報告になっていますから一読されることをおすすめします。国会図書館で問い合わせればわかると思います。それから弟さんの昭夫さんの文章もあります。それから私は信夫さんから直接きいていたのですがどうも勘違いのようで和夫さんは末子ではありませんでしたので訂正してください大変失礼しました。
Posted by pinpinkorori at 2008年07月30日 07:48
やっぱpinpinkororiさん、面白いわ。

VCUで懲罰主義(?)をやめようとなったと。で、貴殿はそれを支持すると。

だったら、ルフェーブル一派への「破門」は支持できないはずでしょ。今すぐバチカンに対して、「聖ピオ十世会への破門や聖職権停止制裁を今すぐ解け」と訴えなければいけないんじゃないの?
かりに彼らへの破門制裁を支持するというのであれば、教会が罰則を与えることについても肯定しなきゃならない。
ニホンゴワカッタカ?
Posted by kanedaitsuki at 2008年07月30日 08:16
pinpinkororiさん
著者名だけでタイトルもわからない論文など、入手しようがありませんし、そもそも立証責任はあなたにあります。
その論文から引用して*ここで*証明ができないなら、あなたの発言は信憑性が欠けるということです。

教会をキリストの花嫁ととらえ組織として考えないという趣旨がどういう文脈で語られているのか、正確な引用ではないようですし前後もないので不明ですが、少なくとも罰則やルールの撤廃をそれだけから導き出すのは困難です。
個性的な脳内作業によって脚色したりゆがめたりしなければ、罰則規定の全面撤廃と解釈はできないでしょう。

昭夫先生の著作は私も読みますし『革新的保守主義のすすめ』は愛読書と言ってもいいくらいよく学ばせていただきましたが、罰則は一切撤廃されたなどと書かれた文章は読んだこともありません。

公会議文書から引用できないなら、罰則廃止が公会議の精神だと主張しても、誰も納得しません。
これは想像ですが、おそらくpinpinkororiさんは「エキュメニズムに関する教令」についてのなんらかの文章を読んで、別れた兄弟たちを理解する姿勢のことを拡大解釈し、教会内の罰則さえ禁止されるのだと勝手に思いこんでおられるのではないでしょうか。
Posted by angelic feline at 2008年07月30日 08:29
「公会議と教会一致」1964 聖心女子大学編纂
という本の中の文です。
angelic feline さん
「昭夫先生の著作は私も読みますし『革新的保守主義のすすめ』」
昭夫さんはまったく和夫さんと全く正反対の立場です。

だから私はこのブログでも破門事件は「第2バチカン公会議の精神の敗北」と表現しています。
Posted by pinpinkorori at 2008年07月30日 20:44
>「公会議と教会一致」1964 聖心女子大学編纂という本の中の文です。

ではそこから該当箇所を引用してください。

>昭夫さんはまったく和夫さんと全く正反対の立場です。

「それから弟さんの昭夫さんの文章もあります。」
とpinpinkororiさんがおっしゃったから、昭夫氏の著作は読んでいると答えたんですが。
Posted by angelic feline at 2008年07月30日 21:06
時間をいただけますか。手元にないので。
Posted by pinpinkorori at 2008年07月31日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103733955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。