2007年08月31日

教会論についての教理省の発表

知り合いの神父の方のご教示を受けて知ったが、教会論について以下のような文書が発表されていた。

教会論のいくつかの側面に関する問いに対する回答
「教会論のいくつかの側面に関する問いに対する回答」解説

ちょうどたまたま「カトリシズムって、結局のところ、主が建てた教会を信じることなんだよなあ」と思いはじめていた矢先のことで、これも聖霊のお導きか。
目を引いたのが(主の教会はカトリック教会に)「subusistit in」(存在する)という表現について解説しているところ。第二バチカン公会議の「教会憲章」にあるこの語は、多くの誤解を生み、リベラリストも伝統主義者も、立場は真逆といえど、これをもってカトリックは古典的(?)教会論を捨てたのだと解釈して勢いづいた。
解説のハイライト部分を引用する。


実際、キリストが望んだ教会はまさにカトリック教会のうちに存在する(subsistit in)がゆえに、この存在の連続性はキリストの教会とカトリック教会の本質的な同一性を表します。公会議が教えようと望んだのは次のことです。すなわち、わたしたちはカトリック教会において具体的な歴史的存在としてイエス・キリストの教会と出会うということです。それゆえ、「存在する(subsistit)」ものが多数あるようになるという考えは、けっして「存在する(subsistit)」という用語を選択した際にいおうと意図したものではありません。「存在する(subsistit)」ということばを選ぶことによって、公会議は、キリストの教会の独自性をいおうとしたのであって、「多数性」をいおうとしたのではありません。教会は歴史的現実の中に唯一の主体として存在するのです。
  それゆえ、根拠のない多くの解釈とは反対に、「ある(est)」から「存在する(subsistit)」への変更は、カトリック教会が自らを唯一のまことのキリストの教会であるとみなすことをやめたことを意味しません。むしろそれは、カトリック教会が、カトリック教会と完全な交わりをもたないさまざまなキリスト教共同体のうちに真の教会的性格と次元を認めたいというエキュメニカルな望みへと大きく開かれていることを表すにすぎません。これらのキリスト教共同体のうちには「数多くの成聖と真理の要素」があるからです。したがって、教会は唯一であり、唯一の歴史的主体のうちに「存在する」としても、この目に見える主体の外にも、真の意味での教会的現実が存在します。


「教会憲章」における教会論は、過去の教会の教えを変更せず、そこにあらかじめ含意されていた意味を開示したに過ぎない。ニューマンの言い方に習うならば、これは「教義の発展」であって、「変更」でも「発明」でも「堕落」でもない。そしてこうした含蓄的教義の明示は、教会教導権にまかされた権能であり、それを信頼することは、カトリックの信仰の一部を成す。
よく知られている通り、「教会憲章」は「教会の外に救いなし」という古くからの教義を堅く保持しつづける一方、他方で、教会外での救いの可能性について言及している。これは何も第二バチカン公会議で突然飛び出したものではなく、「望みの洗礼」という思想として胚胎していたものを、改めて明示し直したものに過ぎない。ドナティスト論争の頃から、あたかも相反するような両極への動きを調停し中庸を進んできたのが教会の歴史である。


カトリックのエキュメニズムは、一見すると逆説的なものに見えるかもしれません。第二バチカン公会議が「のうちに存在する(subsistit in)」ということばを用いたのは、二つの教理的言明を調和させようとするためでした。一方で、キリスト者の分裂にもかかわらず、キリストの教会はカトリック教会のうちにのみ完全なしかたで存在し続けます。他方で、カトリック教会の目に見える組織の外にも、すなわち、カトリック教会と完全な交わりをもたない部分教会や、教会共同体の中にも、数多くの成聖と真理の要素が存在します。


実際、理解されねばならないのは、カトリックによる「エキュメニズム」とは、「教会」という概念を弱体化させたり、ましてや廃棄したりすることを意味するのではないということだ。それどころではなく、「エキュメニズム」は徹頭徹尾「教会」論との交わりの中で理解され、展開されねばならない。この意味で、「教会憲章」で採用した「subsistit in」という教会論的表現は、実に含蓄深いものだと思われる。

(文責・金田一輝)

posted by kanedaitsuki at 10:03| Comment(11) | TrackBack(0) | 神学・教義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 初めて、うかがいました。よろしく!
 
 私が、いつも残念に思っていることは、エキュメニズム(キリスト教一致運動)と、キリスト教以外の諸宗教との対話(?)が、混同されて語られることです。

 「教会の外に救いなし」の教会とは、ローマ・カトリック教会のことで、この考え方の中に、プロテスタント諸教派のことは、全く含まれないと思います。ローマ・カトリック教会のみが、唯一の聖なる使徒継承の教会であり、そこでのみ普遍的な正しいクリスチャン・ドクトリンが伝えられており、その教会の教導を通してのみ、救いに与れる、という思想だと思うのです。

 「のぞみの洗礼」を受けている人かどうかの判断は、われわれにはできませんが、「のぞみの洗礼」を受けるとは、あいまいな立場にいるのではなく、少なくとも、神の前で、はっきり、自らカトリックの洗礼を望んでいるのだということを表明し、すでに、カトリック教会の教義を受け入れていることが必要なのではないでしょうか。つまり、この方は完全にすでに、「教会の中」いるのでは・・・?

 現実のエキュメニズムに基づくとされる行事や、諸宗教との対話とされる行事、・・・・私には苦しいですね。傷つきますよ。一体、(家族の反対を押し切って、)何のために、こんなことのために、にこにこして、サービスをしているのだろうと思います。
Posted by クマ at 2007年08月31日 11:08
クマさん、コメントありがとうございます。

不勉強者ですので、妙なことを書いていることも多々あるかと思いますので、いろいろと教えていただければ幸いです。

>「のぞみの洗礼」を受けている人かどうかの判断は、われわれにはできませんが、「のぞみの洗礼」を受けるとは、あいまいな立場にいるのではなく、少なくとも、神の前で、はっきり、自らカトリックの洗礼を望んでいるのだということを表明し、すでに、カトリック教会の教義を受け入れていることが必要なのではないでしょうか。つまり、この方は完全にすでに、「教会の中」いるのでは・・・?

私は必ずしも明確な表明が必要とは考えていません。「カトリック教会の教理」にはこうあります(以下、英訳版より拙訳)

>キリストの福音および教会を知らないが、彼の理解に応じて真理を探究し神の意志を行っているすべての人は、救われうる。そのような人はその必要性を知っていたならば明示的に洗礼を望んでいたであろうと想定されよう。(CCC 1260)

つまり、何らかの事情でカトリック教会について無知(これは完全に何も知らない状態から、環境上歪曲された情報をのみ受け取っている場合まで指します)であっても、良心に従って神の意志に沿って生きている者は救われる可能性がある、ということだと思われます。これは第二バチカン公会議『教会憲章』ではっきりした形で現れてますが、過去に既に「厳格主義」(カトリック以外の者は<絶対に>救われないとする立場)を断罪する形で、教会によって表明されています。

この件については過去にも別ブログで書いているのでご参照ください。

「教会の外に救いなし」補足
http://d.hatena.ne.jp/kanedaitsuki/20070210/p2

>現実のエキュメニズムに基づくとされる行事や、諸宗教との対話とされる行事、・・・・私には苦しいですね。傷つきますよ。

具体的にどういうことで傷つかれたのでしょうか? 実際の現場の声について無知なので、教えていただければありがたいです。
Posted by kanedaitsuki at 2007年08月31日 18:18
 別ブログ、少し、読ませていただいて驚きました。
 趣味が、神学なんですか????!!!!
 すごいですね! しかも、半端な趣味どころではない感じですが・・・ご病気、大変でしたね。お大事に・・・
 現実の、エキュメニズムは、カトリック側が全面譲歩です。また、これについては、後日・・・ではまた!
Posted by クマ at 2007年09月01日 05:52
こんにちは。
貴エントリーから外れた点になってしまうかも
しれませんが、お許しを。
カトリックの場合、「洗礼を望む」という動作と
「のぞみの洗礼」という名詞は別の意味になるのでは?
と思います。
一般に「のぞみの洗礼」というのは準備のいらない
臨終洗礼を指すのではないか、と思いますが。
Posted by ま・ここっと at 2007年09月01日 15:17
クマさん、

>趣味が、神学なんですか????!!!!
>すごいですね! しかも、半端な趣味どころではない感じですが・・・ご病気、大変でしたね。お大事に・・・

病気の方は順調に回復中です。ありがとうございます。
「神学が趣味」というのは「趣味」程度にしか知らない、という含みがあります。不勉強者ゆえ、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
Posted by kanedaitsuki at 2007年09月02日 08:21
ま・ここっとさん、コメントありがとうございます。

>カトリックの場合、「洗礼を望む」という動作と
「のぞみの洗礼」という名詞は別の意味になるのでは?
>と思います。
>一般に「のぞみの洗礼」というのは準備のいらない臨終洗礼を指すのではないか、と思いますが。

洗礼には「水の洗礼」「血の洗礼」「望みの洗礼」と三種類ありますが、歴史的にいって、もともとは「望みの洗礼」は教理教育途中の未洗礼者の不慮の死を想定して言われたのだと思います(例えばアウグスティヌス)。
ただ、その後の教理史の発展の中で、意味が拡張したのではないかと推測してます。

「A Catholic Dictionary」(TAN Books;オリジナルは1931年初版)は「望みの洗礼」(Baptism of Desire)について、こう書いています。

「水の洗礼に代わりうるもののうちの一つ。洗礼が不可能である場合、完全な悔悛と純粋な神への愛によって洗礼の省略が認められるだろう。
(・・・)
幼児には望みの洗礼はありえない。異教徒については、混乱した仕方であったとしても、何であれ神の意志はなされるべきであり、なそうと望んでいるという仕方で、神を信じているならば、おそらく望みの洗礼を受けている。
そのような仕方で、水の洗礼を受けていない多くの人々が至福直観を得ることができるようになったと想定するのは理にかなったことだろう。」

デンツィンガー資料集からも引いておきます。

「3871 (…)教会は救いのための一般的な助けである。永遠の救いを得るためには、実際に教会の一員として教会に合体することが常に要求されるのではなく、少なくとも願望によって教会に所属することが要求される。この願望は、洗礼志願者の場合のように、常に明示的であることが要求されるのではなく、不可抗的無知の場合のように、暗に含まれた願望を神は認める。なぜなら、神の意志に自分の意志を合わせようと努める人間の善意の中には、永遠の救いを得たいという願望がそれとなく含まれているからである。」

「暗に含まれた願望」と言う以上、「望みの洗礼」は教理教育中の未洗礼者以外にも該当するのだと判断できると思われます。
Posted by kanedaitsuki at 2007年09月02日 08:52
 私は、旧姓を捨てた時、たった一度だけ現在の同居人と外国に行ったことはあるのですが、たとえば、バチカン、ルルド、エルサレム、メッカなど、聖地と呼ばれるような所には足を運んだことはないのです。

 しかし、福井県曹洞宗の永平寺、和歌山の熊野神社、山岳信仰を持つ修験者(山伏)が修行をした切り立った山々・滝、などを訪れた時、ここは、日常の場ではない「聖なる空間」である、という感じはします。

 日本の宗教的空間は、厳かな気持ちにさせられる自然環境が整っていることが多いですよね。山、冷気、水などです。

 30数年前までのカトリック教会の聖堂(建物)の中は、市街地にあっても、線路のそばにあっても、完全な「聖なる空間」であったのです。少なくとも、(このあたりからは、下手をすると、頭、大丈夫?と言われそうなので、相手の方の、思想的なバックボーンを確認してからでないと、通常は絶対に話しませんが・・・)「聖なる空間」が保てるようにみんな努力されてきたと思うのです。
 それは、聖堂に聖体(コルプス・クリスティ)が安置されていて、それは、カトリックの方にとって紛れもなく礼拝の対象だったからです。
 もちろん、この信心は現在もありますが、確実に、薄められてきています。

 これは、公会議での、エキュメニズムに配慮した、司牧方針からだと思います。

 教会の最高の典礼であるミサに対する考え方も、その式文も、構成も、構造も、司式者の所作も、典礼文(祈りの法)に流れている思想(信仰の法)も、エキュメニズムに配慮したものとなり、現在のようなものとなっているのではないでしょうか。

 今のミサはご存じですか?美しいグレゴリアンがラテン語で歌われているところも、合法的に、毎週、ミサがラテン語でささげられているところもありますが、少ないですね。”聖なるミサ”としてささげられているところも、もちろん多いのですが、そうでなくて、”人間の集会”のようになってしまっているところもあります。

 何でこうなってしまったのか、これで人が本当に救われるのか(もちろん、神学的には、有効なミサなのでしょうが、”人間の気持ち”を考えた時に・・・)疑問には思いますね。原因は、言うまでもなく、40年前の方向転換でしょう。プロテスタントの神学者の方の意見を取り入れ、彼らがカトリックに対して反対する主張の一部を緩和するような、式次第、式文、神学を取り入れたからだと思います。

 いかがでしょうか?

 
Posted by クマ at 2007年09月03日 14:07
クマさん、コメントありがとうございます。

クマさんのおっしゃられている問題は、まさにこれから私が紹介しようとしている「教皇、公会議、ミサ」という本のテーマにかぶります。いますぐ即答はできませんが、これからじっくり扱っていく予定です。

公会議後の諸所の問題について論じる場合、大別すると二つに分かれるように思います。要は、問題の根本原因を第二バチカン公会議そのものとするか、それともその解釈・適用・運用に問題があったとするかです。
authenticなカトリックの信仰からいえば、第二バチカン「公会議」そのものを無効・不当なものとする立場はとりえようがありません。
新ミサ(ノヴス・オルド)についてはどうか。新ミサの制定は(教義の決定ではなく)「規律」の領域に属しますから、不可謬的ではありません。しかし、こちらも教会の権能に属する問題で、無効・不当なものとすることはできません。
新ミサと旧ミサの「どちらがより優れているのか」という問題は、どちらかというとかなり主観的な判断にかかってしまう、とさしあたり言っておくしかありません。信者の大多数が旧ミサの方を支持している、というわけではありますまい。
ところで聖座はこうした問題について放置しているのか、手をこまねいているのか、といえば、そうではないと思います。もしそうならば、主の「教会」はもはや存在しないのだということになってしまうからです。

私自身は、authenticな教義を擁護しつつ、ありうべきエキュメニズムを展望したいと考えています。いわば、リベラリズムと伝統主義の止揚の道ですね。
Posted by kanedaitsuki at 2007年09月03日 15:00
 毎回、丁寧にお答えくださりありがとうございます。

 第2バチカン公会議と第1バチカン公会議の間は100年以上あいています。その前のトリエント公会議は1545年〜ですよね。
 貴族出身で優等生的なピウス12世のあと、対照的に見える高齢のヨハネス23世が、公会議を召集するなど、予想外のことだったでしょうね。何しろ、前回の公会議を経験した人は一人もこの世にはいなかったのですから・・・。

 しかし、それを開いたということは、何らかの教会の行き詰まりを感じ、それによって、事の打開の糸口をつかめると考えられたのは、間違いないと思うのです。

 閉鎖的ではあっても、世俗とは全く異なる価値観を持つ、”完全な聖なる社会としての教会のあり方”(トリエント体制)・・・に対する問いかけをしようとした。教会は7つの秘跡を通して信者が神の恩恵(聖寵)に与る場だけではない、という意味づけ・・・

 その解決方法が、エキュメニズムに配慮した司牧、世俗との垣根を取り除き、聖職者を”仕える者”とすること、新しい教会観、・・・etc だったのでしょうが、
様子を見ながらの緩やかな改革ではなかったため、混乱が起こり、現在もその傷は引き続いている状態だと思います。

 解釈・適用・運用に問題があったし、現在も拡大解釈が続いている状態だと思います。年配の方は従順なのであきらめ、若者は問題にさえ気付かず、何とかならないかと思っているわれわれの年代の男性は仕事に忙しくそれどころではない・・・結局、世俗の価値観が教会を支配するようになっているような気がします。

 7月7日の自発使徒書簡が、典礼の問題だけでなく、そこに流れる”伝統的な”価値観を理解し直す(批判も含めて)いい機会になれば・・・と思っています。ただし、日本では全文の翻訳すら、正式に知らされていない状態ですが・・・。
Posted by クマ at 2007年09月04日 02:13
 既にお気付きでしょうが、2つの公会議は100年以上あいていませんでした。92年です。 
 第1・・・1869〜1870, 第2・・・1962〜1965。訂正です。
Posted by クマ at 2007年09月06日 07:45
クマさん、コメントありがとうございます。

>解釈・適用・運用に問題があったし、現在も拡大解釈が続いている状態だと思います。年配の方は従順なのであきらめ、若者は問題にさえ気付かず、何とかならないかと思っているわれわれの年代の男性は仕事に忙しくそれどころではない・・・結局、世俗の価値観が教会を支配するようになっているような気がします。

>7月7日の自発使徒書簡が、典礼の問題だけでなく、そこに流れる”伝統的な”価値観を理解し直す(批判も含めて)いい機会になれば・・・と思っています。ただし、日本では全文の翻訳すら、正式に知らされていない状態ですが・・・。

現教皇聖下は枢機卿時代、第二バチカン公会議の「再発見」が必要なのだと説いていました。教会の連続性から鑑みて、昨日の教会もなければ、明日の教会もない。あるのは生きた伝統そのものである「今日の」教会であり、その源泉はこの公会議にあると。
旧ミサ解禁に関するMotu proprioは、実際の所、前教皇の方針の引継ぎなのでしょう。これといい、上で取り上げた「教会論」といい、あきらかに現教皇は前教皇の正統な継承者であるのだと感じています。そうではないという意見も多いですが。
聖なるものの回復は、おそらくカトリシズムに限らず、現代に生きる者の課題ではありましょう。教会は、一方で、現世の苦難に対する避難所としてあり、他方で、世を照らす真理の光としてあります。第二バチカン公会議が強調しようとしたのは、とりわけ後者の側面であり、この点で現世への積極的なかかわりは必要だったのだと思います。
Posted by kanedaitsuki at 2007年09月09日 15:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。