2008年09月11日

アクィナスの「わらくず(藁屑)」発言

 トマス・アクィナスは1273年12月6日、聖ニコラウス礼拝堂でのミサ中に何らかの体験をし、その後、執筆も口述も絶った。このため『神学大全』は第三部の聖体の秘跡の項から悔悛の秘跡の項に移ったところで中断され未完となる。兄弟僧レギナルドゥスがなぜ著作を続けないかと尋ねたところ、「私が見たものにくらべれば、私がこれまで書いたものはすべてわらくずのように見えるからだ」と答えたと伝えられている。
 以後、この発言に対して様々なことが言われてきた。それはまず、アクィナスが実際に何を「見た」のか、ミサ中に何があったのかという体験に関してのことである。稲垣良典はS=タグヴェルの節を敷衍して、パウロが「そのときには顔と顔とを合わせて見ることになる」(第一コリント 13:12)という言葉で指示しているような「神の直視」のことではないかと推測している(稲垣良典『トマス=アクィナス』、清水書院、1992年、p.191)。そうした神秘主義的解釈を認めたうえで、仕事のしすぎで生じた脳腫瘍のような何らかの疾患による物理身体的原因を示唆する人もいる(Thomas F.O'Meara,O.P.,Thomas Aquinas Theologian,Notre Dame,Notre Dame Press,1997,p.31)。
 かりに何らかの神秘体験をしたとしても、それが断筆の主原因とは考えがたい。なぜなら、同様の(あるいはそれ以上の)神秘体験をしたと見られる諸聖人がみな、アクィナスと同じ行動をとったわけではないからである。それゆえ、断筆の主原因は病気によるものではないかと思う。
 しかし、いずれにせよ体験そのものについては結局憶測の域を出ないのだから、問題として重要なのはむしろ、この言葉の解釈の方だ。非常によくあるのは、この言葉を「神学の限界」と見なすことである。もちろん、文字通りにはその通りなのだが、ここから神や信仰に対する言語による知的作業をすべて無意味と見なし、「神学無用論」まで行きつく者がいるが、それはあまりに極端過ぎる。神学、あるいは人間の知の営みが、神の神秘を把握し尽すことなどできない、というだけのことなら、アクィナスはこの発言以前に既に表明している(たとえば『神学大全』第一部第三問序文「われわれは神について、その「何であるか」を知りえず、ただ「何でないか」を知りうるのみである」(山田晶訳))。Josef Pieperなどは、こうした否定神学的態度を『神学大全』にもともと内在する断片的(非組織的)性質とし、件の発言をそれをはっきりとした形で言い表したものだと見なしている(Josef Pieper,Guide to Thomas Aquinas,San Francisco,Ignatius,1991,pp.158-160)。
 「わらくず」発言そのものは、たしかに神学に対する何らかの否定性の表明なのであるが、それを単純に「神学の否定」と見なすよりも、否定的な形での肯定性の表現だと見なす方が、アクィナスの全神学に対する評価としては相応しいのではないか。Pieperが言うように、アクィナスの神学に対する限界の意識は、決して「反知性主義」に結びつくわけではないのだから。
 現教皇ベネディクト16世がある説教(国際神学委員会総会閉会ミサ説教(2006/10/6))において、この「わらくず」発言について興味深い考察をしているので、見ておこう。
ttp://www.vatican.va/holy_father/benedict_xvi/homilies/2006/documents/hf_ben-xvi_hom_20061006_commissione-teologica_en.html

 聖トマス・アクィナスは、長い伝統を踏まえて、神学において神は私たちの語る対象ではない、と言います。これは私たち自身の規範的考えです。
 事実、神は神学の対象なのではなく、神学の主体です。神学を通して語る主体、それは神でなくてはなりません。私たちの言葉と思想は常に、神の語ること、神の言葉が世界において聞かれ場所を持つことを保証することに役立つのでなければなりません。
 それゆえ、あらためて私たちは、自らの言葉を捨てること、純化の過程へと招かれていることを知ります。それによって私たちの言葉は神が語りうるための道具に過ぎなくなり、その結果、真に神が神学の客体でなく主体となるのです。
 この文脈から、聖ペトロの第一の手紙の美しいフレーズが心に浮かびます。第1章22節です。「あなたがたは真理への従順のうちにその魂を浄めています」(Castificantes animas nostras in oboedientia veritatis)。真理への従順はわたしたちの魂を必ず「浄め」、そうして、私たちを正しいことば、正しい行いへと導きます。
 別の言い方をすれば、一般に流通している意見の指示に従い、人びとが聞きたいと思っていることに支配されて、称賛を受けることを期待して語ることは、一種の、言葉と魂の売春と言えます。
 使徒ペトロがいう「浄め」は、このような基準に従うこと、称賛を求めることではなく、むしろ、真理への従順を求めることです。
(中略)
 神の偉大さの前で私たちは沈黙します。私たちの言葉が取るに足りないものだからです。このことは聖トマスの生涯の最晩年を想起させます。人生最期の時、彼はもはや何も書かず、何も語りません。友人が「先生、なぜもはや何も語らないのですか? なぜ何も書かないのですか?」と尋ねました。彼は言いました、「私が見たものに比べたら、今や私のすべての言葉はわらくずに思える」。
 偉大な聖トマス専門家、ジャン=ピエール・トレル神父は、この言葉を間違って理解しないようにと教えてます。藁とは無のことではありません。藁は麦の実をつけます。このことは藁にとって大変価値あることです。言葉の藁でさえ価値あるものです。麦を生むからです。
 しかしながら、私が言いたいのは次のことです。これは私たちの仕事を相対化するものです。しかし、同時にそれは私たちの仕事を評価するものです。それは、私たちの仕事のやり方、私たちの藁が真実に、神の言葉という麦をつけるための指示でもあるのです。
 
 教皇ベネディクト16世によれば、アクィナスの「わらくず」発言は、神学それ自体の否定というよりも、ある種の神学的姿勢の否定と理解できる。否定されるべきなのは、神に栄光を帰すことなく、神を真の主体とすることなく行われる、他人の称賛を期待した、言葉と魂の売春としての神学的営みであって、神学そのものではない。アクィナスの「沈黙」は、神についての言葉による知的作業の全否定などではなく、むしろ、神学が神を前にして本当に価値ある言葉を紡ぎ出すために必要な条件なのである。

(文責・金田一輝)

posted by kanedaitsuki at 13:00| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

神学大全を日本語で読めるサイト

「存在論日記」の大黒学さんが、ネット上で『神学大全』の全訳を開始している。
http://theologia.jp/
最近まで気づかなかった不明を恥じる。
必要なのに誰もやらないことをするというのは大変なことで尊敬申し上げる。これを機会に研究者たちが、神学の古典の日本語訳をネット上にソースとして置いてくれると大変うれしい。

ところで『神学大全』、読みたいけれども、あんな大部の作品読み通すことなどできないとお思いの方は多いであろう。実はちょっとした裏ワザがあって、それはTimothy Mcdermott ed."SUMMA THEOLOGIAE"(Christian Classics)を読むことだ。これは異論―解答形式を解体して一連の文章のように通読できるものとして、『神学大全』を圧縮要約した本(およそ6分の1)。それでも600ページを超えるが、現物を読むよりはましだろう。
たまに一部分のみを拾い読みする人(私)がいるが、本来はご法度である。というのはアクィナス自身、「初心者がドツボにはまるのは、本が順序良く書かれてないから」と『神学大全』序文で述べている通り、最初から読まないとよく分からない仕組になっているからだ。もちろん、全体の構図が頭に入っていると、より細部を理解しやすくもなる。
通読したことのない私が言うのもなんだが、数ある哲学書の内で『神学大全』はとても読みやすい方だと思う。おそらく分からなさの多くは、キリスト教神学に対するなじみの薄さに原因がある。しかし、そういうとっつきの悪ささえクリアすれば、『形而上学』『純粋理性批判』『精神現象学』『存在と時間』といった難解哲学書よりは、はるかに分かりやすい。しかも哲学的に得るところも大なのだから、そういう方面に興味のある人が読まずにいるのはもったいないことなのだ。
もちろんカトリック教会の教えを包括的に学びたい方にとっても、最適な教科書である。古いから、と心配する必要はない。『神学大全』が呈示した思想は、今もカトリック教会の中に生きている。
そういうわけで、トマス・アクィナスを初めとする中世哲学をもっと身近なものに、と願う(願うだけ)私には、このWeb『神学大全』日本語訳は貴重な贈物なのであった。

(文責・金田一輝)



posted by kanedaitsuki at 10:00| Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

リンク・トラックバックについて

リンク・トラックバックについて。以下の規定は本記事アップ時以降有効となります。



リンクは自由です。

・当ブログ「カトリックの擁護」及び当ブログ内記事へのリンクは完全に自由です。事前にも事後にも連絡の必要はありません。
・当方からのリンクは、ブログ管理人の自由意志に基づきます。したがって、いわゆる「相互リンク」の要請は受けつけていませんが、事実上そうである場合リンク欄に「相互リンク」と付記することは問題ありません。
・リンクの際に、できればブログ名(「カトリックの擁護」)か筆者名(金田一輝)のどちらかを明記ください。



トラックバックは承認制です。

・当ブログや当ブログ内記事への明確な言及がある記事からのトラックバックは、内容のいかんにかかわらず、原則的に承認します。
・アダルトサイトなどの有害サイト、商品販売を目的としたサイトからのトラックバックは一切承認しません。
・もっぱら自己ブログの宣伝のみを目的としているトラックバックは、原則承認しません。
・承認制なので、トラックバックが反映されるまで時間がかかる場合があります。一週間を超えて反映されない場合はご一報ください。
メールアドレス:kanedaitsuki@yahoo.co.jp(タイトルにHNを入れていただくと助かります)





*本項は改訂の可能性があります。

(文責・金田一輝)
posted by kanedaitsuki at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

投稿ガイドライン・更新

投稿ガイドラインを更新しました。
http://defencecatho.seesaa.net/article/74890506.html


以下の文章を追加しました。

一般的注意。

・初めて投稿される方は、挨拶と簡単な自己紹介をお願いします。


当たり前のマナーだと思いますが、自由に意見を交わす掲示板と個人のブログの投稿欄を混同する人たちが若干いるようなので、このような指示を入れました。

また、「削除対象」文の一部を修正しました。


・住所や電話番号などの「個人情報」(本人によるものも許可しません)。公共団体など、問題ない場合は除きます。


赤字が修正部分です。
「本人によるものも」というのは、何かトラブルが生じた場合に、当方では責任が取れないからです。

ゲストのみなさん、よろしくお願いします。

(文責・金田一輝)
posted by kanedaitsuki at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

投稿ガイドライン

コメントの投稿数が増えてきたので、「ガイドライン」を発表しておきます。この記事をアップした時点から有効となります。今後更新する可能性はあります。


一般的注意。

・初めて投稿される方は、挨拶と簡単な自己紹介をお願いします。


以下の内容を含むコメントの投稿は、投稿文全体が削除対象になります。

・明らかに公序良俗に反したもの、明らかに法律に反したもの
・住所や電話番号などの「個人情報」(本人によるものも許可しません)。公共団体など、問題ない場合は除きます。
・アダルトサイトなどの有害サイトへのリンク


以下の行為は削除対象ではありませんが、控えてください。

・同一人物による複数のハンドルネームの使用
・「通りすがり」のような、いわゆる捨てハンの使用
・当ブログの記事と、まったく関係のない話題
・自分のブログやホームページなどの宣伝を、もっぱらの目的としている投稿


なお、当ガイドラインにかかわらず、管理人である「金田一輝」が必要と判断したならば、注意、警告、予告なしの削除を行います。


*2007年12月29日更新

(文責・金田一輝)
posted by kanedaitsuki at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

目録作成

今後のためと思って目録を作っておいた。

カトリックの擁護・記事目録

HP化する予定がないので、現在休業中の他のHPの空きスペースを使用。記事が増えたらもう少し分割するつもりである。

(文責・金田一輝)




posted by kanedaitsuki at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。